接戦!猛追!!優勝カップは誰の手に!

 駒沢公園ワンデートーナメント!試合日20071118

少し遅れた紅葉を背景に、私たちは球場へ向かいます。よく晴れた日でしたが、日陰にあるベンチでは空気がヒンヤリト肌に心地よく、冬の到来を感じさせる天気となりました。
今回、駒沢公園軟式野球場で行われた大会は審査を通過した実力伯仲の4チームによる、ワンデートーナメント!


YGBB2-01.JPGYGBB2-02.JPG

1試合目のモスクート戦はちょうど当日の天気のように【静】の雰囲気を持った試合であり、ピンと張り詰めた緊張感に寒さも忘れる程でした。(渡部主任、上着ありがとうございました(笑))
初回に1失点はしたものの互いの堅実な守備で0-1のまま、こう着状態が続きます・・・
そして迎えたパンパース5回の攻撃、何とか同点に追いつきましたが逆転には至らずイニングを終えます。
このまま、また沈黙が続くかと思った矢先の6回の攻撃にドラマが起こります!
均衡を破る渡部主任のホームラン!! そのまま勢いに乗るパンパース打線は更に追加点を上げます。
エース長谷川主任はついに1失点のみで完投、3対1で勝利を手にし待望の決勝戦に駒を進めたのでした。


YGBB2-03.JPGYGBB2-04.JPG

 続く勝者同士の第2試合、球場反対日向側のA面グラウンドに移り、ピンヘッズ戦に挑みます。既に暖かくなったベンチで陽光を受ける我々のテンションはとことんまで揚がり、1試合目と打って変わった激しい【動】の試合が展開されました。


YGBB2-05.JPGYGBB2-06.JPG


 2回、キャッチャー池富くん渾身のヘッドスライディングで1点をもぎ取ったのもつかの間、1点を返され、更に3回にはピンヘッズの猛攻に合い3失点を喫します。
しかし追う立場となった4回、鶴嶋さんの大きな1発がネットを越え、この回2得点で3対4の1点差に迫り、追い上げムードも最高潮に達しテンションあがりっぱなしのパンパース!
ところがその裏、1点を追加されピンヘッズに引き離されかかります。
しかし、そんな猛攻撃にも5回からピッチャー鶴嶋さんに代わり渡部主任が入って相手を押さえにかかります。


YGBB2-07.JPGYGBB2-08.JPG

 続く6回に1得点して4対5と1点差にまで追い上げたパンパース。(ハイテンションは継続中!!)
迎える最終七回の局面はワンアウト、1塁ランナーに東海さん。ゆっくりとバッターボックスに入るは藤巻さん(逆転を信じ、藤巻さんの一打にパンパース全員の気持ちが集中します)。 頼む・・・
そして相手ピッチャーの投球に振られたバットは、手応えある音を響かせ――。
残念ながら結果はファーストゴロ・ダブルプレー・・・


YGBB2-09.JPGYGBB2-10.JPG


 試合が終了し、全員整列。表彰と用意された優勝カップは、ピンヘッズキャプテンの手に渡されます。最後はお互いの健闘をたたえ合い全員で握手!感動をありがとう!
準優勝という残念な結果ではありましたが、非常に熱のこもった、かつて無い緊張感につつまれた最高の試合でした。
また来年、この悔しさを胸に選手個々のレベルアップをはかり選手全員がリベンジする事を誓ったのは言うまでもありません。
これで今シーズンの試合日程は全て終了となりますが、来期もまた我々パンパースは公式・練習試合ともに取り組んでいきます。皆さん、一緒に盛り上がりましょう。

 

神奈川支店 金沢営業所
山本 輝

カテゴリー: 福利厚生 パーマリンク